モンキーのレストア(カスタム)の紹介
ゼファーとは関係ありませんが モンキーもおもしろい

アフター

ビフォアー

スイングアームは8cmロングの
アルミ製(¥14,800−)
ブレーキロッド等必要な物は付属しています
ちゃんとしたケースに入っていて日本製
です お買い得な逸品でした。
スイングアームのロング化
に伴いチェーンも交換(¥1,000−)
TLシートもどきです 日本製で
無いことはたしかです(¥6,000−)
外見は悪くないのですがいかにも安物です。
¥4,200ーのメッキショート
ダウンマフラーです(SPY製)
安い割に出来も良く 排気音
もいかしています、
今回の購入品の中で一番の
ヒット商品です。

※ マフラーを交換すると「抜け」が
   良くなりトルクがなくなる っと、
   このマフラーは大丈夫です。
タンク塗装色はハーレーのレーシングオレンジです
オレンジ系の塗装は種類が少ないのでかなり限定
されました(赤くみえますが)。
サーフェイサー・オレンジ・クリアー・サンドペーパー・コンパウンド
マスキングテープで約¥4,000−
素人には大変な作業でした。

 お時間がある方は「ヘコミ」のパテ埋め・表面
仕上げ等々経験する価値はあると思います が 
サーフェイサーを吹いた途端に「青くなります」、

 お金のある方は「プロ」に頼みましょう。
ヒップアップアダプターです
ゼファーの車高調に使う
予定でしたがモンキーに
使ってしまいました。

車高が下がる為「スタンド」を
立てても「平行」です 安定させる
為には「ヒップアップ」が必要です。 
切断加工
フェンダーをメッキ品に交換
(フロント¥2,500− リアー¥2,800−)
風貌が一変するカスタムです、
チョットこすったらメッキがはがれました(泣)。

※ 安物なので経年変化は早いです クモリ
  や「プツプツ」が比較的早く発生します、
  応急措置と言うか 見てくれを保つ為には
  定期的に「良質なコンパウンド」で磨く必要
  があります。
ウインカーも腐食がひどく再生は
不可とあきらめ 最も安いウインカー
に交換 4ヶで¥3,500です
2本配線が出ている為 片側の配線を
車体にアースする必要があります、
(圧着端子¥28円)。

※ 数時間の走行で球切れしました。
  (球切れの原因がわかりました、
   6Vの電球がまじっていました
   気にしてはいけません ニイハオは
   それが当たり前デス。
ハンドルはかなり錆びがひどい状態
でしたが 新品にするのは惜しい為
知り合いの工場で再メッキしてもらい
ました 再メッキ費用は¥1,000−
でした(ハンドル・リアーブレーキフット)
安くできて助かりました。
リヤのキャリアは切断取り外し
更にショート加工しました。 
ライトハウジングも腐食がひどく交換
顔といわれる部分なので純正の新品としました、
交換の際 バネを一つ飛ばし なくなってしまいました
3ヶ所での固定です。
1本チューブ付きで¥3,000−の
激安タイヤです グリップが良さそうです、
同時にホイールもアルミ製にしました
(フロント8インチ2.5 ¥7,000−
リア8インチ3.75 ¥8,000−)
純正タイヤに比べ径が小さいので
エンジン側スプロケットを13tから
15tへUPしました(たしか¥1,500−
くらい)
フロントがスクーター並の小径になった為
スピードメーターはあてになりません。

※ 注意:リアの3.75ホイールがチェーンと
   干渉します 対策はスプロケットを外側へ
   約4mmオフセットさせます、
   (スプリングワッシャーを2枚かませる)
   スタッドボルト3本の位置決めで
   軸心は狂いませんでした。 
リアーショックはカスタムの
定番と心得 赤スプリングの260mm
を購入 2本で¥6,000−
スプリングの調整も出来ます。 
乗り心地はかなりかためです、
(シートもかため) 長距離は考えない方が。
他 ケーブル類も純正新品に交換
(合計金額¥8,740−)
めんどくさそうですが以外と簡単です。 
ネットでの注文は勇気がいりますがお店まで行かなくて良いのでたすかります 今回利用したネットショップ B.P.アウトレット と
零カスタム です B.P.アウトレットは安い品物が多く郵送も敏速です 零カスタムは品物の数が多くて2万円以上は送料サービスです、
手間と時間がかかりましたが完成しました 次はボアアップして公道30km限定解除する予定です。
純正のフロントバスケットです
(¥4,600−) 残り36ヶと
なっていました(0901現在)
数年前にカタログ落ちしているので
無くなったら終わりです
今のうちにどうぞ 容量が大きいので
使い勝手抜群です 3kgまでOK。
右サイドカバーです(¥4,000−)
ダウンマフラーにした為 ポッカリと
空間があいてしまいます お化粧です。 

Lツイン搭載の「バーチャル」モンキーです。

同じ「カスタム」でも出来る事と出来ない事が・・・

そこで「ちょっとした画像処理」で作ってみました。

けっこう「あり」ですよネ。

このサイトを見てモンキーがほしくなれば作者はうれしく思います
組み付け途中の風景です
プラモデル感覚で楽しめます。 
ノーマルの雰囲気も残したかった為
両サイドのステッカーとエンブレム
(双方純正品)を装着 ステッカーの
貼り付けには相当苦労しましたが
親指の腹で少しずつこねる様に貼り
付けた結果成功。
(写真には写っていませんが微細なシワ
気泡はあります)
合計金額¥11,117−
ちゃんとした純正品なので高価でした。
※ ステッカーの貼り付けは「テプラ」の
   様にはいきません、失敗を覚悟し
   トライするのみデス。

GSX−1300R

モンキーカスタム

マフラーカスタム

温泉

取扱説明書

無題

お散歩コース

出会ったゼファー

ホーム

動画

10年以上前に購入した「モンキー」です 錆びやキズがひどくレストアする事にしました どうせするならとカスタムにもチャレンジする事に、
安くするには一流品はそろえられません そこでネットショピングの中で一番安い品物を探し購入してみました 送られてくる品物は
そこそこの品物で結果成功です。

ブレーキハウジングは
思いつきで塗装しました(銅色です)
遠くから見るとディスクに見えます。

全体を「シック」にまとめてくれるカラー
だと自賛しています。
 
エンジンも白錆びがあったり表面が
曇っていたりしたので下ろした際に
磨いてみました チェーン側のケース
ははずせるので知り合いの工場に
持ち込み大型バフ機械で一気に磨き
ピカピカです エンジン本体は♯800
から♯2000番のペーパーでひたすら磨き
バフ仕上げでピカピカに。
(時間をかければそれだけ光ります)
サンドペーパー¥1,000 青棒(磨き材)は頂き物。
ついでにシリンダーヘッド部を耐熱塗装しました
まるで新品です。

部品販売店をのぞくと品質の良い高価な部品が陳列されています もしこれらで組立をしたら んっ十万かかるでしょう
今回のレストアはそれと真逆でとにかく安い物を選び、無名品(恐らく中国製)又は聞いた事のないメーカーの怪しい部品で組立ました
その割には普通に完成し しかもカッコ良い 今後の耐久性には課題が残りますが タバコを買いに行く位いなので大丈夫でしょう。